結婚後の婚約指輪はどうする?

昔の結婚というと、まずは婚約指輪を渡して結婚の申し込みをして、それから結婚指輪を渡すという流れが一般的でした。

ですが今では昔の結婚の形式に当てはまらない、あてはめない自分たち流の結婚を実践する方が増えてきているのです。

そのため自分流の結婚をする方たちは、わざわざ婚約指輪を用意するという事もなく、結婚指輪は用意するけど婚約指輪は省くというカップルも多くなっているのです。

★お役立ちサイトはこちらです・・・>これでわかる!婚約指輪のいろは

さらに結婚が多様化しているから婚約指輪を省くというだけでなく、金銭的な理由とか婚約指輪自体に必要性を感じないとか、婚約指輪は結婚すると結婚指輪がメインになってしまい、婚約指輪を身につける機会がないので必要性をあまり感じないという方も、かなり多いのが実情なのです。

特に贈る側の男性ともらう側の女性が同意しているのならいいですが、女性が反対している場合は、男性がいくら婚約指輪を贈りたいと思っても女性の機嫌を損ねてしまう可能性もありますし、あまり女性が婚約指輪に対して頑なに、いらない要らないというと男性も強硬に婚約指輪を贈りたいと言えなくなってしまうのではないでしょうか?

ですが婚約指輪というのは、そんなにないがしろにしてしまうようなものでもありません。

結婚したとしても十分身につけていく場所や、機会というのはあるのです。

そのため、何が何でも婚約指輪はいらないとか、必要ないと決めつけないで、相手から贈られたら気持ちよく受け取るようにするといいでしょう。