思春期ニキビと大人ニキビの違い

中学生から高校生にかけてできる俗にいう「思春期ニキビ」と、成人してからできる「大人ニキビ」とはいったいどのような違いがあるのでしょう。

★思春期ニキビ

成長ホルモンの分泌が促される思春期は、皮脂の分泌もまたさかんです。

思春期の毛穴はまだ成長しきっておらず不安定なため、毛穴の奥の皮脂腺から過剰な皮脂が分泌されると正しく排出されず毛穴の中にたまってしまいます。

皮脂がたまって白くなったり炎症を起こした状態がまさに「ニキビ」なのです。

思春期ニキビは顔の中でもとくに皮脂分泌がさかんなTゾーン(おでこから鼻)にできやすく、跡が残りやすいといわれています。

★大人ニキビ

大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れや、肌のターンオーバーの乱れによりできやすくなります。

同じ個所にできやすく、治りにくいのがその特徴です。

ホルモンバランスが乱れる原因は仕事などのストレスや、不規則な食事や生活習慣にあります。

とくに女性は月経前の黄体ホルモンが皮脂の分泌を促すため、月経前にニキビが増える人がいます。

また、思春期ニキビは皮脂が過剰分泌されますが、大人ニキビの場合、乾燥による肌のトラブルで皮脂が排出されにくくニキビができてしまうため、適度な保湿が必要といえます。

大手の企業でもこんな研究結果が…大人ニキビの原因は肌の油分量ではなく水分量の減少 – 富士フイルムが確認

思春期・大人問わずニキビ治療が必要な状態であれば、ひどくなる前に医師の診察を受けましょう。

前述のとおり、新宿にはオススメのクリニックがたくさんあるため学校や仕事帰りにぜひ新宿のクリニックを訪れることがニキビ治療の第一歩です。