婚約指輪をもらったら

婚約指輪をもらったら、気になるのはやはり婚約指輪をもらった事に対するお返しは必要なのか?ではないでしょうか。

実は婚約指輪というのは、現在では結婚の申し込みをされたときに渡すという事が多いですが、以前では結婚の約束をして、その後結納を交わしますが、この結納の時に婚約指輪も一緒に渡すというのが一般的だったのです。

そのことから結納というのは男性側から女性側へ贈り、女性は半分程度お返しをするのが一般的ですが、そのお返しを結納に対するお返しと同時に婚約指輪に対しても半分お返しするのが習わしのようになっていたのです。

ですが今では婚約指輪をもらったからといって、特にお返しをする必要はありません。

むしろお返しをしないパターンの方が多いですし、お返しをするとしても男性側から特にお返しの要求のようなものがなければ、お返しをする必要はありません。

それでも婚約指輪に対するお返しをする場合には、やはり結納の席でお返しをするというのが原則になります。

結納というのは、両家がその場所で顔を合わせて、改めて婚約の品や婚約指輪をお披露目する場所になります。

そのためお返しをする場合には、結納の席でお返しをするというのが一番スマートでピッタリくるシーンであることは間違いないでしょう。

最近は堅苦しく結納はしないというカップルも増えていますが、その場合には両家が顔をそろえる場面で、お返しをするというのが一番一般的なのかもしれません。