眠らせたくない婚約指輪

婚約指輪というのは、もちろん婚約をした時に渡すというのが定番ですが、婚約をした後に婚約指輪を身につけたあとに待っているのが結婚指輪です。

結婚指輪というのは実際に結婚をした後に、ずっと身につける指輪の事です。

でも、ずっと結婚指輪を身につけるという事は、婚約指輪も同じように身につけるという事になるのでしょうか?

それとも婚約指輪は結婚指輪を身につけた後は、特に必要でなくなってしまうのでしょうか?

実は婚約指輪というのは結婚指を身につけた後には、ほとんどしないという方が大半を占めるようです。

そして引き出しを開けると婚約指輪が眠っているという方が、実際にとても多いようです。

そんな結婚指輪と比較すると存在が薄いような婚約指輪に対して、最近もっと積極的に身につけようという風潮が広まっているようです。

◆関連情報ページ⇒時間は何秒? 場所は? 外さない結婚式の誓いのキスの方法

そして、それを象徴するのが最近人気になっている婚約指輪と結婚指輪の重ねづけなのです。

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけは、華やかなシーンではかなり指もとが栄えることになりますが、最近では華やかなシーン以外にも普段使いなどにも重ねづけをする人がかなり増えてきているようです。

実は婚約指輪と結婚指輪の重ねづけですが、重ね付けが人気ではありますが本当は正式なシーンでは重ねづけをするというのが正式なマナーであるとも言われているのです。

そのため重ねづけに関しては深く考えるというよりも、それが正しいと思う方がいいようです。