ニキビ治療はどのくらい費用がかかる?

新宿のクリニックにニキビ治療をしに行こうと決めたら、次に気になるのは治療費でしょう。

新宿でニキビ治療ができる施設は、一般皮膚科という保険診療で治療を行う病院と、美容皮膚科という自費診療で施術を行うクリニックがあります。

それだけでも治療費にはかなりの差が出てきます。

一般的にニキビ治療にはどのくらい治療費がかかるのでしょうか。

★保険診療の場合

一般皮膚科での保険治療の場合は、一般の病院と同じく治療費は3割負担となります。

病院により異なりますが、初診料が約1000~3000円、処置料が500~1000円(膿を出したり消毒したりするなど、処置内容により変動します)。

塗り薬・飲み薬などの薬代が2週間分で約1000~2000円ほどです。

5000円ほど手元にあれば初回の治療は済むでしょう。

一般皮膚科の場合、ニキビが治まれば通院の必要はありませんので通院回数は数回で済みます。

★自費診療の場合

美容皮膚科での自費診療の場合、クリニックが自由に料金を設定しているためまちまちであることは確かです。

一般的な相場ですが、ケミカルピーリングは1回につき5000~10000円、レーザー治療は8000~10000円、光治療は15000円ほどです。

特にレーザーや光の治療は、1回だけでは施術範囲が狭いため、複数回にわたって通う必要があります。

ニキビの種類や範囲によっては10万円以上かかる場合もあるでしょう。

一概にどちらの治療が効果的かはニキビの状態などによるため何ともいえませんが、治療を受ける前にHPなどでよく確認することをオススメします。

注目記事≫URL:https://news.walkerplus.com/article/119303/

主なニキビ治療の方法について

ニキビ治療が行えるクリニックは新宿に多数ありますが、その数だけ治療方法も多岐にわたっているといっても過言ではありません。

ニキビ治療を受ける前に、新宿のクリニックではどのような治療が行われているか調べましょう。

ニキビ治療には、どのようなものがあるのでしょうか。

★ケミカルピーリング

ニキビ部分に薬剤を塗布し、柔らかくなった角質を少しづつ剥がしていく方法です。

年齢や環境などで正常にできなくなったターンオーバーを人工的に行うことで、ニキビの出来た部分や毛穴が詰まってニキビができそうな部分がきれいになります。

★レーザー治療

レーザーで出来たメスを患部に照射し穴をあけることによって、ニキビ内の膿みを出したり赤みを消したり、ニキビ跡の凹凸を平らにする効果があります。

照射後はケアが必要で、患部を紫外線にさらしてしまうと色素沈着をおこすので注意しましょう。

★光治療

最近注目を浴びている治療方法で、LED(発光ダイオード)をニキビ部分に照射します。

特に、青色のLEDはアクネ菌を死滅させる効果が実証されており、なおかつ皮脂分泌を抑制させる効果もあります。

★イオン導入

肌にビタミンCなどの美容成分を塗布し、微弱電流を流すことにより肌をイオン状態にし、浸透させていく方法です。

皮脂の分泌を抑えて毛穴のつまりを解消する効果があるため、ニキビ予防の効果があります。

ケミカルピーリングと併用されるケースが多いです。